オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーとは、一般的なコンタクトレンズとは異なり、特殊なデザインのコンタクトレンズを寝ている間に装用する事で、睡眠中に角膜の形状が正しく矯正され、日中を裸眼で過ごすことができる近視矯正方法です。メガネやコンタクトレンズなしで生活することが出来るので、激しい運動やマリンスポーツ、ウィンタースポーツを裸眼で楽しむ事ができます。

世界各国でその安全性と有効性が認められ、実施されております。また、日本でも2009年に厚生労働省に承認されております。

他の治療法との違い

オルソケラトロジー治療は近視進行を抑える有効な治療法として注目されています。眼鏡装用やコンタクトレンズ、レーシック手術など他の治療では、視力矯正効果はあるものの、近視進行の抑制効果はありません。
レーシックとの違い
レーシックは手術を行い、眼内に専用レンズを入れて視力を矯正しますが、オルソケラトロジーは手術の必要がありません。また装着を中止すれば、元の状態に戻すことができます。
コンタクトとの違い

一般的なコンタクトレンズは日中に装着して視力を矯正しますが、オルソケラトロジーは就寝前に専用のレンズを寝ている間だけ装着しているのが大きな違いです。(朝起きたら外します。)
そのために、日中は裸眼で過ごすことができます。個人差はありますが、週2~3回程度の装着で効果を得られる方もいられます。

なぜ裸眼で過ごせるのか

近視の矯正には、目に入ってきた光がスクリーンとなる網膜上でピントが合うように、光の曲がり方(屈折)を変える必要があります。
オルソケラトロジー治療は、夜寝ている間にオルソケラトロジーレンズをつけて角膜の形状を平らに矯正し、光の屈折率を変化させることでピントが合うようになります。

オルソケラトロジーの原理

近視の場合、光が網膜より手前で焦点を結ぶ為、ピントが合わず像がぼやけて見えます。

特殊なカーブを持つレンズが角膜前面の形を寝ている間に矯正し、光の焦点を網膜上に合うようにします

レンズをはずしても一定時間角膜の形が維持されるので、昼間は裸眼視力が改善します。

オルソケラトロジーの仕組み

オルソケラトロジーに使用するレンズは、手術をせずに角膜の形状を変化させて近視を矯正する医療機器です。レンズの内側には複数の特殊なカーブがあり、就寝中にこれを装着することで角膜の形状をゆっくり矯正することができます。

裸眼で見えるようになるまで

治療を開始すると、見え方が徐々に変化していきます。


治療の流れ

カウンセリング
オルソケラトロジー治療に対して矯正の原理や治療のメリット・デメリットについて詳しくご説明いたします。
初回検査
眼がオルソケラトロジー治療に適応可能かどうか検査を行います。コンタクトレンズを普段から使用されている方は事前にご相談ください。
プレ装用期間
オルソケラトロジーのお試しが出来ます。トライアルレンズを利用して1週間の装用体験となります。トライアル期間のレンズケア用品については当院でご用意いたします。
装用開始翌日に診療・検査も行います。
治療開始
トライアルレンズをご返却頂き、装用中の効果や違和感について確認を行います。治療開始に当たって新しいレンズを注文しますので、疑問点などがあればお気軽にお尋ねください。
治療を開始するに当たって、治療同意書にサインが必要になります。
定期検査
治療開始から担当医師の指示に沿って定期検査が必要になります。翌日、1週間、2週間、1ヶ月、3ヶ月と徐々に期間が空き、以降は3ヵ月後との定期検査となります。
定期検査にきちんとご来院いただけない場合、担当医師の判断により治療を中止させていただく場合がありますので、定期検査には必ずお越し下さい。

よくある質問

オルソケラトロジーはどういう人に向いていますか?
スポーツをよく行う方、特に選手同士の接触が多いスポーツの方にお使いいただいています。
またコンタクトレンズ・眼鏡が煩わしい方に適しています。

効果はどのくらいであらわれるのですか?
効果的に1日安定した視力を持続できるようになるのは、一般的に1週間ほど継続使用後が目安となります。

毎日装着しなければいけないのですか?
装着頻度は患者様の眼の状態によって異なります。
治療開始の段階では基本的に毎日の装用で負担を安定化させることが必要です。
装着頻度は担当医師からもご説明させて頂きますので、疑問点があればぜひご相談ください。

注意事項

・オルソケラトロジー治療は自由診療ですので、保険適用外、全額自己負担となります。
・オルソケラトロジー治療は、眼鏡やコンタクトレンズとは異なる扱いの「治療」です。

定期的な検査受診を実施いただける方を対象としております。また、医療控除申請が可能です。(領収書が必要になります。)
※その他目薬、ケア用品、定期検査以外の受信については別途費用が必要になります。