目の病気について

日常生活でふとした目の違和感に気づいたら、ぜひ眼科受診をお勧めします。
目の痛みやかすみ、充血や視力の低下など、様々な症状があげられますが、いつもの見え方と違う、何かおかしい、そういったささいな症状でも様々な病気の兆候になる場合があります。

主な治療方法

当院ではご相談いただいた症状に最新医学に基づいた適切な検査・手術機器を使用し、安心で安全な診療を行い、患者様に目の健康を保っていただけるようにしています。ささいな日常の違和感からでもご相談ください。目の病気の発見や治療が遅くなってしまうと、深刻な疾患の前触れや失明など取り返しのつかない状況になることもあります。
投薬治療
点眼薬や内服薬によって治療を行います

・緑内障・ドライアイ・結膜疾患・翼状片・視神経症・加齢黄斑変性・網膜静脈閉塞・ぶどう膜炎
・感染性眼内炎・角膜感染症・眼精疲労・麦粒腫・霰粒腫・花粉症

レーザー治療
レーザー機器を使い、治療を進めます

・白内障・緑内障・糖尿病網膜症・網膜剥離、網膜裂孔・網膜静脈閉塞

視能訓練
視能訓練士(国家資格を持った医療技術者)が斜視や弱視の訓練などを行います

・斜視・弱視

眼鏡処方
眼鏡やコンタクトによって矯正を行います

・近視、乱視、遠視(眼鏡やコンタクトによる矯正)・斜視・弱視・老視・眼精疲労